特定技能

特定技能について

2019年に新たに導入された在留資格で、日本の中小事業者をはじめとした深刻な人手不足を解消することを目的として作られた制度です。
人材の確保が困難な状況にある産業分野において、一定の専門性や技能を有し戦力となる人材を受け入れることが可能です。

特定技能では、特定産業分野として14分野が受け入れ可能業種となります。
※特定技能1号は14分野で受入れが可能です。

1.介護
2.ビルクリーニング
3.素形材産業
4.産業機械製造業
5.電気・電子情報関連産業
6.建設
7.造船・舶用工業
8.自動車整備
9.航空
10.宿泊
11.農業
12.漁業
13.飲食料品製造業
14.外食業

更に建設、造船・舶用工業のみ特定技能2号の受入れが可能です。

ミャンマーの特定技能についてお考えの企業様は、弊社お問い合わせ窓口までご相談ください。

Web Analytics